新規登録 / ログイン

SKOA

SKOA
3
TAG:【要・切断】【用意・トランプ一式】

SKOAとは、ひとりでも2人でも遊べるTCGです!そして
トランプと混ぜる新発想で、用意するカードが少ないお手軽ゲームです!


SKOA -playing cards gathering- に興味をもって頂けて光栄です。
このゲームは、出したカードの数字より小さい数字のカードを集めて、集まった数字の合計を競うゲームです。
基本的には、2人対戦を想定していますが、自分一人で、どれだけ点数を出せるか練習する『SKOA ATTACK』も出来ます。そのため従来のTCGのように、相手が居なくても遊べます。

昼間は友達と対戦し、夜は一人でSKOAアタックして翌日友達を驚かせましょう!

SKOAは8枚のデッキと、トランプ26枚(黒か赤の1~13)を使って遊びます。
8枚のデッキは、印刷ラインナップか紙ゲーガチャを回してGET!

用意するもの

共通
トランプ(ジョーカーを抜き、黒と赤に分ける)
デッキ(プレイヤー毎に必要。8枚ぴったしにする。同じ数字のカードは入れられない)

2人対戦
友人(用意が一番難しいのはコレ)

ゲーム開始前の準備

デッキは全て自分の手札とし、自分しか見えないように持っておく。一人プレイの場合はこの限りでない。
トランプをシャッフルし、裏向きで自分の脇に置く。
ランダムな方法で順番を決め、ゲームスタート。一人プレイの場合は必要ない

ゲームの流れ

1st Step
トランプ山の上から4枚引き、1枚戻す。
※引いたトランプと、手札を併せて、ハンドグループと呼ぶ。※


2nd Step
1、手札に、能力が発動できるカードがあるなら、使ってもよい。

2、ハンドグループから1枚を選び、正面に出す。
(これをアクションと呼び、出した場所周辺をアクションフィールドと呼ぶ。)

3、アクションフィールドにあるカードの合計の数字より、小さい数字のカードを、ハンドグループから1枚選び、デッキの横に置く。
(これをコレクトと呼び、デッキの横のカードをコレクトカード、置いた場所周辺をコレクトゾーンと呼ぶ。)


3rd Step
手札の数が、1st Step開始時と同じなら、1枚選び、捨て札にする。
アクションカードと、引いたトランプの残りを、全て捨て札にする。

もしこの時点でお互いの手札が0枚なら、ゲームエンド。得点を計算します。
プレイヤーどちらかの手札が残っていれば、相手の番に移行します。
一人プレイの場合は、次の自分のターンを行います。

点数計算

コレクトカードの数の合計が、あなたの点数です。
コレクトゾーンにある時点数がアップする効果を見逃さないようにしましょう。

あるかもしれない質問

>>手札の数が偏った場合どうすればいいですか?
手札が0枚の人の番を飛ばしてゲームを進めます。

>>妨害用のカードは一人用では弱いと思います。無くしてください。
いやです。