新規登録 / ログイン

Invisible-インビジブル-

Invisible-インビジブル-
3
ヒライテオケバ、ミエルモノ
フセテオイタラ、キエルモノ

プレイヤー達は
とにかく「リミッター」を超えないように、なおかつ合計を近づけるようにカードを自分の前へ並べます。

しかし、リミッターや自分の場へ裏向きにして伏せておくと、そのカードは「消えて」しまい、合計数の判定が「スルーされる」のです!

限られた場の枚数に対し、プレイヤー達はいかに上手く近づけることが出来るでしょうか?

カード30枚(ダイソーのトランプがベストサイズです。)
コマ5つ(あればご用意ください。)、
2人から遊べます。

                                                           インビジブル 5~30分 2~4人 8歳以上

                              

目的

この“インビジブル”は、“リミッター”の合計値よりも大きくならずに、

自分の前に並べたカードの合計値をそれに近づけるのが目的です。

特に、裏向きに、伏せて置いたカードは合計値に入らないのがネックです。

始める前に

このゲームには、以下のカード置き場があります:

プレイヤーエナジー(プレイヤー数と同数):自分の手前です。

リミッター(1つのみ):テーブルの中央です。

捨て場(1つのみ):テーブルの端です。どこでも構いません。

以降、これらを、スポットと総称して呼びます。各スポットには、置ける枚数が定まっています。

カードをすべて切り、全員に手札として5枚(4人の時は7枚)配り、山札として、すべて裏向きにします。


プレーの手順

自分の手番が来たら、手札から、  表、または裏にして、任意の“スポット”に必ず1枚だけ置かなければなりません。

その際に、以下の置ける枚数に限りがあることに注意しなければなりません:

2人プレーの時:プレイヤーエナジー→8枚   その他→7枚

3人プレーの時:すべて→6枚

4人プレーの時:すべて→5枚(はじめに、捨て場とリミッターに裏のまま1枚ずつ置きます。)

この枚数を超えて配置することは不可能ですので、必ず枚数を把握出来るようおいてください。

また、自ら置いたものも含め、裏向きのカードを確認してはなりません。

このアクションを終えたなら、次のプレイヤーの手番となります。

手札が全員無くなった時、山札があればまた5枚配り、プレーします。

ないのならば、“勝利判定”へ移ります。(4人プレーの時は、手札の配布は行いません。)


カードの裏表切り替え

もし、他のプレイヤーエナジーや、捨て場に表にして出した場合は、

任意の2枚のカードの裏表を切り替えられます。

(手番中に置いたカードは対象外です。)


0について

0と書かれた緑のカードは、表にして自分のプレイヤーエナジーに出すことで、

伏せられた(山札は除きます)うちの1枚を表にして、なおかつ、任意のスポットへ動かす事ができます。

この際も、枚数制限のルールは適用されます。


勝利判定

全てのカードが場に出たら、いよいよ勝負です。

プレイヤーは、自分のプレイヤーエナジーの合計値がリミッターの合計値を超えてないか判定します。

判定を行う前に注意すべき点が1つあります:

全てのスポットにおいて、裏向きのカードは合計値には入らないことです。

表向きのカードの合計がリミッターを超えていた場合→残念ですが、このラウンドは失格です。

超えていない→複数いれば、最も大きな数値のプレイヤーを探します。その人が勝者です。

全員超えた→最も小さい数値のプレイヤーを探します。その人が勝者です。

(もし、トップタイがいる時は、伏せ枚数が多い方→-2が多い方→0が多い方で判定します。)

この一連の流れを繰り返し、先に2勝したプレイヤーの勝ちです!

[FAQ]

Q.トップタイの判定が引き分けになりました。

A.その場合、1,2,3,4,5の順に同様に行います。同じなら引き分けです。両者共に1勝です。


Q.裏向きにする理由がわかりません。

A.以下の理由が存在します:

・リミッターや、エナジーの調整、妨害

・敢えて相手にめくって貰い、勝利に近づける

・相手のプレイヤーエナジーに置き、スペースを減らす

・悟られたくない捨て札の廃棄


Q.捨て場は何故無限ではないのですか?

A.裏表の切り替えルール、などがあるからです。