新規登録 / ログイン

EZ TO PINOCLE

EZ TO PINOCLE
3
誰でも楽しく、「トリテ」が出来ちゃう!

トランプでも有名な
「アメリカンピノークル」を分かりやすく、新しいデザインで誰でも遊べるようアレンジしました。

・トリテを知らなくても遊べる!
・1vs1のガチ勝負!

Let's try!

Use software(cellphone)

・Medibang paint
・Word(スマホ版)
・X2IMG

印刷方法

カードセットを各色2セットずつ印刷し、貼り付けるなりする。


EZ To Pinocle(イージー トゥ ピノークル)

2人用 プレー時間20~30分ほど 6歳以上

ピノークルって?

ここで言う「ピノークル」とは、「アメリカン・ピノークル」という2人用ゲームを指します。

トランプの代わりに4色のカードとkN(ナイト),B(ビショップ)を入れた6階級のカードを使うことで

『誰でも簡単にトリテを知らずとも』「アメリカンピノークル」をプレーできるようにしました。

遊び方

カードをよくシャッフルします。その後、互いに11枚配ります。これが手札です。

手札を配った後は、3枚カードをどこかによけておきます。1枚を表にし、互いに見える場所へ置きます。(「切り札」)

親を決めたら、親からカードを1枚出します。その後で、子となるプレイヤーはカードと同じ色があればそれを出さなければなりません(たとえ負けるカードであっても)。

互いにカードを出した後、出したカードはどちらが強いのか?を判断します。

以下のように判定します。(勝つと2人が出したカードを両方貰えます!)

同じ色同士→[強]A>K>Q>J>B>kN[弱]の順に判定します。

違う色→①表になっているカードと、同じ色がある→同じ色のカードを「切り札」と言います。切り札を出している方の勝ちです。

②丸いフチのAが出ている→上に「speculation」と書かれたカードは、「スペキュレーション」と言います。スペキュレーションを出している方の勝ちです。

③ ①にも②にも当てはまらない→引き分けです。出しているカードは両方とも捨て札となります。

ラウンド処理

手札を使い切った時(使ってもゲーム途中では手札は補充しません)、

「山札があるなら」、山札のカードを均等に配ってもう1回だけプレーします。

「山札がないなら」、役を確認した後、そこでゲームは終了します。得点の多い方が勝利します。

得点計算

山札がなくなった時、取ったカードで役が出来ているか確認します。勝つには役が必要です。

マリッジ→同じ色で【K,K,Q,Q】を作る:3pts

カルテット→違う色で【A,K,Q,J】のいずれか1種を4枚全て揃える:5pts

セイムカラー→同じ色で【A,K,Q,J,B,kN】を作る:8pts 

色分けされて、わかりやすいルールシートは印刷ラインナップにありますが、こちらに上げているルールでもプレーは可能です。

FAQ

Q:役を作る時に、同じカードは2度使えないの?

A:はい。1つの役にしか適応できません。高い方にするかどうかはあなた次第です。

Q:「カルテット」はどういうこと?

A:1色ずつ、「同じ色がないように」同じランクのものを集めます。

Q:強さが同じ時は…?

A:引き分けです。カードは捨て札です。

Q:初めに3枚捨てるのはオモテ?

A:いいえ。裏のまま捨ててください。

Q:スペキュレーションと切り札はどっちが強いの?

A:スペキュレーションです。