新規登録 / ログイン

【紙1枚で遊べる!】ポストカードゲーム「14へ行け!」

【紙1枚で遊べる!】ポストカードゲーム「14へ行け!」
8
プレイ人数:2人~10人くらいまで
対象年齢:5歳以上

ゲームマーケット2014春に頒布した
ポストカードゲーム『14へ行け!』です。

紙とプレイヤーの手以外は使用しないので、
ハガキ1枚(普通紙でもOK)に印刷してすぐに遊べます。

ルールは簡単、心理戦やブラフありありの
「先に進んではいけないすごろく」です。

【あそびかた】
指スマの要領で、手番のプレイヤーが「せーの」等の掛け声を合図に数字を宣言し、
プレイヤー全員が親指を立てるか下ろすかします。

宣言した数字と立てた親指の数が一致したらその数だけ戻ります。
数字と違っていたら立っている指の数だけ進みます。

これを繰り返し、二周したプレイヤーは脱落となり、最後まで残ったプレイヤーの勝利です。

【ワンポイントセールス】
強制的に14番のマスに移動させる『14へ行け!』という特殊効果があるため
相手の心理を読むことが非常に重要です。
普通のすごろくにはない、タクティカルな要素が売りです。

【宴キャンペーン参加中!】

※印刷用データにも以下と同様のルール説明を記載しております。

【14へ行け!ルール説明】

右手の指をコマとして、左手の指をサイコロの代わりにした「進んだら負けの脱落型すごろく」です。

「スタート」マスに人差し指を置き、マスを進めて「デッドエンド」マスに到達したら小指に変えて再度スタートします。

小指でデッドエンドに到達したプレイヤーは脱落となり、最後まで残ったプレイヤーの勝利となります。


■■ゲームの流れ■■

手番プレイヤーは「せーの」等の掛け声を合図に0から残っているプレイヤーの数までの任意の数字を宣言します。

宣言と同時に全プレイヤーは親指を立てる、または下ろします。

立っている指の合計が宣言した数字と違っていたら、手番プレイヤーは立っている指の数だけマスを進めます。

宣言した数字と同じだったらその数だけ戻ります。(スタートより前には戻りません)


●●特殊効果『14へ行け!』●●

0以外の数字を宣言し、立てた指の合計が0本だった場合、手番プレイヤーは14番のマスに移動します。

0を宣言して、立てた指の合計が0だった場合、「手番プレイヤーを除いて」最も進んでいないプレイヤーが14番のマスに移動します。

14番のマスにいるプレイヤーが『14へ行け!』の対象になった場合、デッドエンドに移動します。