新規登録 / ログイン

怪獣都市

怪獣都市
1
互いの都市を暴れ回る怪獣!いち早く相手の都市よりも対策せよ!!

怪獣都市

ゲームの準備

用意するもの

怪獣都市用のカードで構成されたデッキ15枚

兵器カード各種
怪獣停止カード
怪獣都市マップ

現在の資金がわかるもの

怪獣の現在位置用のマーカー(フィギュア等)

 

怪獣都市用カード1、2、3を印刷しカードデッキを作成しましょう。同じカードは2枚まで入れられます。
怪獣都市マップを二つ印刷し合わせておきましょう。

怪獣の初期位置はマップ中央の❌です。また兵器カードをそばに置いておき、怪獣停止カードを裏向けておきましょう。

初期手札は3枚です。

初期資金は10金です。

ゲームの進行

先行のプレイヤーからゲームが進行します。先行のプレイヤーはドローができません。

ターンが始まるとデッキからカードを1枚ドローします。

その後、以下の行動のいずれかを選択し、行います。

1 施設カード(設カード)を2金支払うことで自分の都市の1ブロックに設置します。設カードは1ブロックに1枚までです。民間カード(民カード)を使用し、効果を発動、起動ができます。

2 怪獣を周囲の縦または横1ブロックに動かします。これを「行動」と称します。怪獣が行動した都市のプレイヤーは2金失います。怪獣の行動後、そのブロックに設カードあるならそれを持ち主の墓地に送り、怪獣カード(怪カード)があるならばその効果を処理します(同一ブロックに両方のカードがある場合、その両方を処理します)。その後手札の怪カード1枚を怪獣の周囲1ブロックに裏側でセットできます。ただし怪カードは1ブロックに1枚までです。また怪獣はひとつ前のブロックに対して行動することができません。

兵器カードの使用

上記の行動終了後、資金を支払い使用可能です。


勝利条件

怪獣を凍結させる
相手の都市の資金が0になる

敗北条件

自分の都市の資金が0になる(資金が0になった時点で敗北します)


設カード


1ターンに何度でも建てられる。怪獣の行動時、同一ブロックになった時、墓地におくられる。その時まで常に効果が持続する。

誘導…設カードが持つ特殊効果誘導をもつカードは互いの都市に1枚のみ存在できる。誘導を持つカードがある時に怪獣が行動する場合、誘導を持つカードに向かって行動しなければなりません。



民カード

1ターンに最大1枚使用することのできるカードです。使用後は墓地に送られるまで自分のそばに置いておきます。常時効果のものは発動したターンより発動します。発動効果を持つカードは自分の好きなタイミングで墓地に送ることで効果を使用します。発動効果は相手のターンにも使用できます。また、新たな民カードを使用するためには現在そばに置いている民カードを墓地に送り使用します。


怪カード

怪獣の行動後使用できるカードです。また怪カード処理後手札の怪カードを周囲1ブロックに裏側でセットできます。

移動…主に怪カードの持つ特殊効果です。怪獣を周囲1ブロック移動させます。(斜めでも構いませんが誘導効果は適用されます)この 時設、怪カード及び移動先の都市のプレイヤーは資金を失いません。

停止…主に怪カードの持つ特殊効果です。怪獣停止カードを表向きにします。怪獣の行動を行うことで怪獣停止カードを裏向きにします。怪獣停止を解除した場合、怪獣は1ブロックも動かせません。


自分の都市

自分のマップの6ブロック及び中央列右側1ブロックを自分の都市とします。中央列真ん中のブロックは互いにどちらの都市にも属しません。