新規登録 / ログイン

Code:Invite ~powerd by JewelSavio~

Code:Invite ~powerd by JewelSavio~
6
『Code:Invite』は、2人用の対戦型カードゲームです。
様々な能力を持った個性豊かなキャラクターを従え、対戦相手に勝利しましょう。
各キャラクターに秘められた「インバイト」と「リベレート」という能力を巧みに扱い、
時にはキャラクターを進化《エボルブ》させることで、相手を圧倒することも可能です。
戦況と同じく続ける「カウント」を把握、コントロールすることが勝利の近道となるでしょう。

制作:USAGAME@Rainbowdimension
イラスト提供:ジュエルセイバーFREE[http://www.jewel-s.jp/]
遊び方の画像

※詳しい解説は「ルールブックA・B」を印刷してご利用ください。

ゲームをプレイするためには「各種デッキ用シート」を3枚と、「エボルブカード用シート」を1枚印刷してください。


ゲームの進行


■0・ゲームの準備

各プレイヤーは30枚で構築されたデッキを用意します。

初回は構築済みデッキ「人類の抵抗」「異界の侵略」「破滅の来訪」のいずれかをご利用ください。

慣れてきたら自分の好きなようにデッキを組んで遊んでみると良いでしょう。



■1・プレイ開始

はじめになんらかの方法で先攻・後攻を決定します。

各プレイヤーは3枚ずつをデッキから引き、手札として持ちます。

その後、先攻のプレイヤーから、以下のフェイズ通りにゲームを進行します。

ターンを進行しているプレイヤーのことを「ターンプレイヤー」と表記します。



■2・スタンバイフェイズ

ターンプレイヤーはデッキの上からから3枚を確認し、それぞれ「手札に加える」か「カウント(※1)に置く」かを選択します。

カウントの最大数は5枚です。

※1・カウント

カウントとは「ラセンゲート」の不安定さを表していて、カウントが多いほどに不安定となり、そのから溢れる力の恩恵をうけることができます。

カウントはカードをプレイするためのコストとして機能します。


■3・メインフェイズ

カードをプレイでき、プレイ方法には3種類あります。

A.インバイト

キャラクターにラセンゲートの力を宿し、戦わせるために「ユニット」としてフィールドに出します。

インバイトを行うには「カウント」の枚数が「コスト」以上であることが条件となります。

またその際、コストの下に記載されているバーアイコンの「色がついている数」だけ、その色のカードをカウントから捨て札にします。

自分のフィールドに出せるユニットは3体までで、インバイトは1ターンに1度だけ実行できます。


B.リベレート

キャラクターの潜在能力を開放させ、特殊な作用や現象を引き起こします。

リベレートを行うには「カウント」の枚数が「コスト」以上であることが条件となります。

またその際、コストの下に記載されているバーアイコンの「色がついている数」を、カウントに置かれているカードが満たしている必要があります。

(インバイトと違って捨て札にはしません)

リベレートは1ターンに何度でも行え、メインフェイズ以外のフェイズや対戦相手のターンにもプレイが可能です。


C.エボルブ

カードの中には枠が通常のものと異なり、能力欄に「《エボルブ》」を書かれたものが存在します。

これらはキャラクターの能力を覚醒させるためのカードで、エボルブカードと呼ばれます。

プレイするためには「同じカード名のユニットが自分のフィールドに存在」し、「自身がインバイトできる状態」である必要があります。

エボルブする際は通常のインバイトと同じように、「カウントがコスト以上」で「記されたバーアイコンの数だけカウントを捨て札にする」必要があります。

プレイ後は同じ名前のユニットに重ねる形で出し、ユニットとして存在する限りは同じカードとして扱います。



■4・バトルフェイズ


自分のフィールドに存在するユニットで、対戦相手を攻撃します。

各カードは1ターンに1度のみ攻撃可能で、相手フィールドのユニットか、対戦相手自身から攻撃対象を選択できます。

相手のフィールドに特性(※2)「ウォール」を持ったユニットが存在する場合、それ以外を対象に選ぶことはできません。

また、特性「レジスト」を持つユニットは攻撃対象に選択できません。

攻撃を受けたユニットは攻撃ユニットの「アタックの値」だけダメージを受け、そのダメージが「シールドの値」以上になったとき、そのユニットはブレイク(※3)されます。

また、プレイヤーがダメージを受ける時はその値と同じ枚数を、デッキの上から捨て札にします。

ダメージを受けた時に捨て札にするデッキがなくなった場合、プレイヤーはゲームに敗北します。

※2・特性 ユニットの持つ特殊な能力の一つです。

※3・ブレイク 戦闘不能な状態になることです。ブレイクされたユニットは捨て札に置かれます。

■5・エンドフェイズ

ターンの後処理を行います。

A.各ユニットに与えられたダメージを取り除きます。

B.手札が7枚以上の場合、6枚になるようにカードを捨て札にします。


●用語解説

「カウントを±Nする」
カウントをプラスする場合、自分のデッキの上からその枚数をカウントに置く。上限は5枚。
マイナスする場合、カウントから好きなカードを捨て札にする。


※デッキ構築ルール
デッキは30枚固定。
同名カードはユニットカードは3枚、エボルブカードは1枚まで。
色は自由に入れられるが、消費カウントの計算に注意!