新規登録 / ログイン

おとぎヴァンパイア

おとぎヴァンパイア
3
集められたおとぎ話の少女達、その中に吸血鬼が...
二種類のダイスを使った正体匿名のボードゲームです。

用意するもの

6面ダイス、4面ダイス、コマ用のトークン、キャラクタースキル用のトークン(4色各4つ)、残りHPが分かるもの 例:トランプなど、昼・夜状態が確認できるもの


セットアップ

人間サイド、ヴァンパイアサイドに分かれる。それらは公開できない。3人プレイの時、人間が2人ヴァンパイアが1人。4人プレイの時は人間を1枚、5人プレイの時は人間、ヴァンパイアを1枚ずつ追加する。

キャラクターカードをランダムに1枚ひき、公開する。

部屋カードをシャッフルし、2枚1組になるように置いていく。

状態を昼にする。


ゲームの開始

スタートプレイヤーから順にアイテムカードを入手することが出来る。

基本行動を行う。


基本行動について

部屋移動…6面ダイスを1個振り、対応する部屋番号に自身の駒を移動させる。

アイテムカード、キャラクタースキルの使用…使い捨てのアイテムカードを使用できる。キャラクターのスキルを使用宣言を行い、効果を処理する。

攻撃…同じもしくは組となっている部屋に他プレイヤーがいる時その中の1人に対し攻撃宣言を行う。その後、6面ダイス、4面ダイスを1つずつふり、その差異がダメージとなる。攻撃終了後、直ちに自分の手番は終わる。


昼と夜について

手番が1周する度、昼と夜が入れ替わる。

昼状態…全プレイヤーはスタートプレイヤーから順にアイテムカードを獲得することが出来る。ただし、装備アイテムを所持している場合、それを捨てなければカードを獲得できない。また、使い捨てカードは次の昼が来るまでに必ず使用しなければならない。

夜状態…全プレイヤーは伏せ約5秒カウントする。その間ヴァンパイアのプレイヤーはキャラクターカード1枚の上にトークンを置く(トークンを置く対象は自分でも良い)。トークンを置かれたプレイヤーはトークンを取り除き、1ダメージを受ける。ヴァンパイアは任意のタイミングで自身の招待を明かすことが出来、招待公開後はトークンを置いた後1ダメージ回復する。

上記の処理終了後基本行動を開始する。


キャラクターについて

各キャラクターにはHPが設定されており、ダメージがそれを越えた時そのプレイヤーはゲームから脱落する。脱落する際、所持しているアイテムカードを捨て札にし、自分の招待を公開する。この時、ヴァンパイアサイドもしくは人間サイドのプレイヤーが全員脱落しているならゲームの終了となり、残っているサイドが勝利する。


アイテムカードについて

アイテムカードには二種類存在し、使い捨てカードと装備カードがある。

使い捨てカード…自分の手番に手札より使用する。効果処理後、そのカードは捨て札になる。また、使い捨てカードはそのカード獲得した昼またはその次の夜の手番に使用しなければならない(空打ち可能)。

装備カード…カード獲得時に即時公開し、公開状態で場においておく。装備カードの効果は常に発動する。